不動産業界について|葛西の賃貸のことならセンチュリー21 ジンヤ

安定経営!安心して働ける環境を用意
不動産業界について
ジンヤ採用トップ > 不動産業界について
不動産業界とは? 3分野の仕事内容を理解しよう

「不動産ビジネス」は多種多様です。戸建住宅、マンション、オフィスビルなど、扱う物件(商品)が違うだけでも、働き方は大きく変わってきます。開発(分譲・賃貸)、流通(売買仲介・賃貸仲介)、不動産管理と、物件との関わり方=仕事内容によっても、違ったやりがいがあります。その違いを知ることが、道に迷わずに歩き続けるための第一歩となります。

不動産の仕事は大きく3分野に分けられます

  • 不動産開発(分譲業・賃貸業)
  • 不動産流通(売買仲介・賃貸仲介)
  • 不動産管理

不動産開発(分譲業・賃貸業)

ビルやマンションや街などをゼロから開発していくことから「デベロッパー」と呼ばれます。仕事の中身は、土地を仕入れ、建物をつくり、売却・分譲や、賃貸すること。デベロッパーの多くは、販売や賃貸業務は不動産仲介会社に委託することで、開発部門と流通部門を分業化しています。オフィスビルや商業施設の開発が得意なデベロッパーもあれば、マンションや分譲住宅などの開発が得意なデベロッパーがあるなど、それぞれ得意分野があります。

ここがポイント

土地の仕入れから始まる仕事で、「街づくりに関わりたい」、「何もなかった場所に大きなビルを建てるような醍醐味のある仕事がしたい」、「ランドマークとなるような商業施設を開発し、駅前の人の流れを変えたい」といった想いの人にピッタリです。 また、巨額の事業資金を借り入れるための仕事もあり、金融機関との交渉スキルが身につきます。さらに、設計・施工・販売などの協力会社を動かしていく手応えも手に入ります。

不動産流通(売買仲介・賃貸仲介)

不動産流通とは一般的に不動産仲介とも呼ばれています。不動産仲介を営む会社は、個人や会社が所有している不動産の「売り買い(売買仲介)」や「貸し借り(賃貸仲介)」を橋渡し(紹介・斡旋)するサービスを提供しています。また不動産仲介が不況に強いと言われる理由は、売主・貸主、買主・借主からいただく仲介手数料によって成り立つ「フィービジネス」だから。土地など仕入れる際の巨額な資金を必要としないためリスクが少ない経営が可能です。

ここがポイント

一つの住まいが、人から人へと渡っていくプロセスを身近で実体験できます。「住み替え」という人生の岐路をお手伝いする仕事ゆえに、お客様それぞれの事情に深く立ち入るケースが多く、頼りにされる度合いが大きいのが特徴です。嬉しいのは、買い手・売り手、両方から「○○さんのおかけで、いい住み替えができました」と感謝された時。賃貸仲介の場合は、一人暮らしの学生からテナントのオーナーまで、幅広いお客様のニーズに応えていく面白さがあります。

不動産管理

建物は管理業務の中身でその価値が大きく変わります。オフィスビルや商業施設、マンション、賃貸アパートなどの管理業務を、持ち主に代わって不動産管理会社が提供するのは、清掃や修繕、設備の保全などのほか、セキュリティ管理・入居者情報管理などのサービスとなります。こうした管理サービスは、不動産を開発する仕事や不動産の売買や賃貸を仲介する仕事とはまったく違った分野の専門知識が必要で、各サービスのプロが最新の知識や技術を身につけ、建物価値の維持・向上に貢献しています。

ここがポイント

清掃一つとっても、それまでの経験と化学的な知識をもとに、汚れによって違ってくる最適な洗剤を合成して自ら作り出すプロもいるほど。スポットライトを浴びる仕事ではなく、縁の下の力持ち的な仕事にやりがいを感じる人に人気があります。建物は巨大な生き物。不動産管理のプロたちは、生き物の頭脳にあたる部分や神経、血管、筋肉などに当たる部分を常にチェックし、診断し、問題があれば治療を施すことで、建物を安全で快適な空間へと高めています。

お気軽にご応募ください!

  • 募集要項を見る
  • エントリーはこちら

お気軽にご応募ください!

  • 募集要項を見る
  • エントリーはこちら